« 活動報告 2019-07 西臼塚駐車場の外来植物調査 | トップページ | 活動報告 2019-10 須走口五合目の合同環境パトロール »

2019年7月25日 (木)

活動報告 2019-08 宝永火口縁周遊コースの合同環境パトロール

活動日時  2019年(平成31年)7月20日(火)8:30 - 12:00 
活動区域  富士山休養林ハイキングコースG (富士宮口五合目・六合目・宝永火口縁・五合目)
天候     曇り、小雨 参考 山頂(8時) 気温 6.5℃、日照 0.0h、湿度 77%、気圧 649.6hPa

 

富士山開山後、初の合同環境パトロール。水ヶ塚では、早朝から登山者、来訪者が富士宮口五合目へ向かうシャトルバスを待っている。

 

Img_20190719_232523

8時25分の水ヶ塚シャトルバス乗り場。

 

早速、シャトルバスに同乗し、富士山エコレンジャーが乗車時間の30分を使って、来訪者が知りたい情報などをお伝えする。

①天気と気象。②高山病、③登山道、④トイレ、⑤自然保護の順に解説。今日は、ベテランのエコレンジャーがお話し、解説終了後、来訪者から自然と拍手があった。

 

Dsc_0012

富士山エコレンジャーのOさんは、早朝の始発便から既に2往復、説明をすませていた。

 

富士宮口五合目は予想された雨天で、混雑予想日にかかわらず来訪者は少ない。いつも視界のどこかに来訪者がいる程度。来訪者の雨天対策はしっかりしているように見えた。トレイルランナーは4人見かけた。

Img_20190720_002121

富士宮口五合目のレストハウス前。

 

Dsc_0019

笑顔で環境パトロールに出発。

 

20190720houeicraterrims

宝永火口縁周遊コースの環境パトロール行程

 

 

環境パトロール中に気づいた点を幾つかご紹介。

①歩道が五合目日沢を横断する箇所(富士宮市)で、ガイドロープとその鉄製支柱、注意喚起用のテープが損傷している。日沢下流側は切り立った崖で、霧など視界が悪いときに転落など要注意。

 

Img_20190720_020849

周遊歩道が五合目日沢を横断する箇所(富士宮市)

 

②富士宮口五合目には、外来種防除マットが2箇所(シャトルバス発着場の階段前と登山道入り口の階段前)設置されている。前回報告したように駐車場周辺には数多くの外来植物が生息している。登山者、来訪者の方は、外来植物の種を含んだ靴の泥を落としてほしい。

Dsc_0014

シャトルバス発着場の階段前の外来種防除マット

Img_20190720_005217

登山道入り口の階段前の外来種防除マット

 

Photo_20190725100901

外来植物が引き起こす問題点と防除の必要性。

 

 

宝永火口縁周遊コースの歩道周辺では、火山荒原や亜高山植物十数種の開花がみられた。

 

Img_20190720_005726

 

Img_20190720_021859

 

 

来訪者のみなさんの楽しい思い出とともに、富士山の美しい自然を次の世代に残すため、ご協力をお願いします。

 

外来種防除マットで靴の泥を落とす

 

歩道外の踏みつけや尖った先のポールで植生を傷めない

 

 

 

ゴミ回収 22個 ゴミ収集記録(調査票に対応)

1.紙       7 (3)タバコ吸い殻 3 (7)紙片 4
2.布       1 (4)その他 1
3.プラスティック 8 (2)弁当 2     (3)菓子容器 4   (6)その他 2
5.ビニール    2 (3)紐 1      (4)破片 1
6.鉄       1 (8)その他 1
8.ゴム      2 (3)加工付属品 2
9.木       1 (3)その他 1   

 

 

 

|

« 活動報告 2019-07 西臼塚駐車場の外来植物調査 | トップページ | 活動報告 2019-10 須走口五合目の合同環境パトロール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 活動報告 2019-07 西臼塚駐車場の外来植物調査 | トップページ | 活動報告 2019-10 須走口五合目の合同環境パトロール »