« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月 9日 (日)

活動報告 2016-10 植生保全環境調査(レース翌日)

活動日時  2016年(平成28年)9月25日(日)8:00 - 18:00 
活動区域  須山口弁当場→黒塚→大調整池北→須山口弁当場
天候     曇り
参考     山頂(8時) 気温 2.4゜C、湿度100%、651.6hPa




2016
(UTMF/STYコース【赤線】と調査区間)
 
 

 レース実施翌日、2016年ウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)調査区間(上図、区間⑦~区間⑥)、別荘地東側の鉄塔下(標高1,100m)から黒塚中腹(同1,193m)、フジバラ平(同1,155m)を経て大調整池北(同1,230m)まで、雨が上がったレース通過翌日の様子を観察し、ビデオと写真で記録した。前日、レースは途中で中止になり、行き約1200人に加えて帰り約400人が通過した。
 
 大会主催者の環境調査班スタッフ3人、単独のスタッフ1人、テープやロープの回収スタッフ3人と出会い会話した。また、ハイキング姿の来訪者1人と出会った。来訪者は「歩道が酷い状態」、「遠くから来ている人もいるし、悪条件でも中止できなかったのか」と話していた。
 
 
 
ウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)2016植生保全環境調査(通過翌日)
 
 
 全区間を通じて、歩道表面の破壊、歩道の拡幅にともなう植生損傷が多発している。昨年より酷い荒廃だ。特に印象的なのは、2012年以来毎年利用されている調査区間⑤の荒廃箇所。また、黒塚の下り斜面では、樹木の根の露出と損傷が目立つ。
 
 
 
調査区間⑦(別荘地東の鉄塔から、黒塚の上りにかかる鉄塔まで)
 
 
 歩道表層の破壊(エグレ)と樹木の根露出および損傷、歩道の拡幅とそれに伴う歩道周辺部の植生損傷は、9月になって降り続いた雨の累積と大雨の中での歩道通過に関わっているように思えた。この区間は追い越し禁止に指定されていないので、追い越しの影響も有るかもしれない。()内の説明で「逆」はレース進行方向の逆方向から見たもの。
 
 
P1100632
(区間⑦ 2016/9/25 歩道拡幅、植生損傷)
 
 
P1100631
(区間⑦ 2016/9/25 歩道拡幅、植生損傷)
 
 
P1100623
(区間⑦ 2016/9/25 根の露出、損傷) 
 
 
P1100621
(区間⑦ 2016/9/25 根の露出、損傷)
 
 
P1100618
(区間⑦ 2016/9/25 歩道のエグレ)
 
 
P1100585
(区間⑦ 2016/9/25 歩道拡幅、植生損傷)
 
 
P1100583
(区間⑦逆 2016/9/25 谷側の泥濘化、植生損傷)
 
 
Imgp4211
(*参考* 区間⑦ 2016/9/24 レース中の歩道の流水)



調査区間③(黒塚鉄塔から、放射谷群南端まで上り斜面) [主催者追い越し禁止区間]


 昨年と同様に踏み跡の深いエグレや、歩道や丸太階段部で谷側の泥濘化、傾斜地の根の露出、損傷が著しい。ロープ外への踏み込みはない。縦置き丸太は谷側泥濘の移動を止めているところがあるが、歩道表面がエグレて樋化しているようにみえる。今後の降雨による土壌流出を注視したい。また、縦置き丸太の両側通過もみられる。
 
 
P1100557
(区間③ 2016/9/25 歩道のエグレ) 
 
 
P1100542
(区間③逆 2016/9/25 谷側部泥濘、根損傷)
 
 
P1100541
(区間③ 2016/9/25 歩道のエグレ、谷側部泥濘)
 
 
P1100519
(区間③逆 2016/9/25 谷側部の泥濘) 
 
 
P1100470
(区間③逆 2016/9/25 縦置き丸太) 
 
 
P1100464
(区間③逆 2016/9/25 縦置き丸太両側通過)
 
 
P1100457
(区間③ 2016/9/25 縦置き丸太歩道の樋化)
 
 
Imgp4216
(*参考* 区間③ 2016/9/24 レース中、階段の丸太流出)
 
 
 
調査区間④(放射谷群南端からフジバラ平まで主として下り斜面) [主催者追い越し禁止区間]
 
 
 黒塚の北側急斜面は歩道の表層が通過時に雨で流れ、そこをまず、1000人を上回るランナーが下り通過し、レース途中中止のため数百人が再度上りで通過した。そのため、侵食が進んでいる放射谷の急傾斜地で数多くの樹木の根が露出し損傷した。また、フシバラ平付近の緩傾斜地では、歩道表面に深いエグレが発生し歩道拡幅、植生損傷が見られた。
 

区間④ 下り斜面 歩道のエグレ 樹木の根損傷 継続観察地点 (4-151) - Spherical Image - RICOH THETA

(区間④逆 2016/9/25 樹木の根露出、損傷)
 
 
P1100342
(区間④逆 2016/9/25 樹木の根露出、損傷)
 
 
区間④ 下り丸太階段 階段破損 樹木の根損傷 継続観察地点 (4-152) - Spherical Image - RICOH THETA

(区間④逆 2016/9/25 樹木の根露出、損傷)


区間④ 下り斜面 樹木の根損傷 継続観察地点 (4-164) - Spherical Image - RICOH THETA

(区間④逆 2016/9/25 樹木の根露出、損傷)
 
 
区間④ 下り丸太階段 上 樹木の根損傷 継続観察地点 (4-168) - Spherical Image - RICOH THETA

(区間④逆 2016/9/25 樹木の根露出、損傷)
 
 
P1100297
(区間④逆 2016/9/25 歩道のエグレと拡幅)
 
 
P1100255
(区間④ 2016/9/25 歩道拡幅と植生損傷)
 
 
P1100244
(区間④ 2016/9/25 歩道のエグレと植生損傷)
 
 
Imgp4230
(*参考* 区間④ 2016/9/24 レース中、泥濘状況) 
 
 
 
調査区間⑤(フジバラ平から崩壊崖の狭い歩道まで) [主催者追い越し禁止区間]
 
 
 第1回目のレース(2012年5月)から毎回計5回連続使用されたこの区間は、今回はじめて追い越し禁止となったが、緩傾斜地でも歩道の土壌表層破壊(エグレ)、拡幅、複線化が見られ植生損傷も著しい。過去五回の繰り返し利用も支持力低下に影響していると思う。また、崩壊がすすむ崖上の歩道部分は、今後、降雨時に一般来訪者がスリップするなど安全上の懸念がある。
 
 
P1100229
(区間⑤ 2016/9/25 歩道のエグレと拡幅、複線化)
 
 
P1100224
(区間⑤ 2016/9/25 歩道拡幅と植生損傷)
 
 
P1100217
(区間⑤ 2016/9/25 歩道のエグレと拡幅、複線化)
 
 
P1100202
(区間⑤逆 2016/9/25 歩道拡幅と植生損傷)
 
 
P1100178
(区間⑤逆 2016/9/25 歩道拡幅と植生損傷) 
 
 
P1100177
(区間⑤ 2016/9/25 歩道のエグレと拡幅)
 
 
P1100164
(区間⑤ 2016/9/25 歩道のエグレと拡幅)
 
 
区間⑤ 継続観察地点 (5-194) - Spherical Image - RICOH THETA

(区間⑤ 2016/9/25 歩道のエグレと根損傷)
 
 
P1100145
(区間⑤逆 2016/9/25 歩道拡幅と植生損傷)
 
 
区間⑤ 崩落崖上の狭い歩道 スリップに南 - Spherical Image - RICOH THETA

(区間⑤逆 2016/9/25 レース中スリップ多発地点)
  
  
区間⑤ 崩壊崖迂回路 斜面上 - Spherical Image - RICOH THETA

(区間⑤逆 2016/9/25 崩壊崖迂回路斜面)


P1100111
(区間⑤逆 2016/9/25 左側を直進禁止ロープが無くなっている)
 
 
Imgp4243
(*参考* 区間⑤ 2016/9/24 レース中、泥濘状況)
 
 
 
調査区間⑥(崩壊崖の狭い歩道から大調整池北の涸れ沢まで) [主催者追い越し禁止区間]
 
 
 大調整池ダム脇の人口斜面を通過する区間も年々荒廃が進んでいる。外来種ハルザキヤマガラシが歩道脇に多数結実している区間では、歩道いっぱい踏み跡がみられた。また、涸れ沢が増水したため数百人のランナーが渋滞した際、斜面にあらたな踏み跡道がつくられた。
 
 
P1100103
(区間⑥ 2016/9/25 通行禁止歩道の崩れ)
 
 
Simgp4134
(*参考* 区間⑥ 2016/9/22 右側の歩道通行を迂回指示するマーキング)
 
 
P1100101
(区間⑥ 2016/9/25 人工斜面の植生損傷)
 
 
Sec604_2
(区間⑥ 2016/9/25 人工斜面の植生損傷)
 
 
Sec601_2
(区間⑥ 2016/9/25 外来種の実を踏みつけ懸念)
 
 
Imgp4142
(*参考* 区間⑥ 2016/9/22 踏み跡脇に外来種の結実)
 
 
Sec602
(区間⑥ 2016/9/25 左側 涸れ沢の増水時、多数のランナーが渋滞したときにできた新たな踏み跡)
 
 
Sec603
(区間⑥逆 2016/9/25 同地点エグレ、植生損傷)
 
 
 
ゴミ回収 18個 ゴミ収集記録(調査票に対応)
1.紙 1 (7)紙片 1
3.プラスティック 14 (3)菓子容器 2 (5)破片 10 (6)その他 2
6.鉄 3 (7)その他 2 (8)アルミ飲料缶 1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

実行委員会主催の「 最終コース説明及び環境モニタ リングについての説明会」

 時の流れが前後するが、開催前に参加した主催者説明会での対話と、その際お願いした私達の「要望書」を共有させていただきたい。
 

 実行委員会主催で「ウルトラトレイル・マウントフジ 2016 最終コース説明及び環境モニタリングについての説明会」が去る 9 月 2 日に開催された。実行委員会、裾野市、須山口登山歩道保存会、地権者の須山振興会、国からは沼津自然保護官事務所、富士五湖自然保護官事務所、静岡県からは自然保護課が出席していた。関係団体として富士山エコレンジャー連絡会も出席要請を受け参加した。
 
 私たちは第一回レースが実施されて以来、今回まで須山口登山歩道を中心に、現地を度々訪れてレースの影響をモニタリングしてきた。通算43日、延べ123人日をかけた現地環境調査の結果をふまえ、その都度、提案やお願い、要請書の提出を続けている。モニタリングを元にした要望は、主催者側にとって耳が痛い内容かもしれない。過去4回はその要望に返答はなかったが、今回初めて主催者説明会に富士山エコレンジャー連絡会を招き、説明しようとする姿勢は、大きな変化と思えた。
 
 
 
①主催者のコース及び環境モニタリングの説明と感想
 
●村越実行委員会副委員長から「自然環境に配慮した持続可能な大会運営のために」という主旨説明があった。説明では、行動規範やコース設定や大会の際の配慮事項がたくさん挙げられていた。
だが、結果的に私達の要望は実現すること無く、今年も荒廃著しい黒塚・須山口登山歩道をコース利用するという。

「あなたが決断したことについて、私はなんとも言えません。結果を見て初めて、称賛されるべきかどうかがわかるということだけ、言っておきます。(マハトマ・ガンジー)」。大切なことは、決めたことは良い結果を出すということだと思っている。

●千葉事務局長から、コースの紹介と調査箇所が説明された。須山口関連では、調査箇所は昨年の 1 箇所から 5 箇所に増加した。だが、過去 4 回利用され続け、年々荒廃が進んでいる崩壊崖上の狭い歩道区間が含まれていない。一般来訪者の安全確保も考慮して、調査箇所に追加をお願いした。黒塚、須山口登山歩道区間の大部分は追い越し禁止区間に設定され、はみ出し防止にロープを設置するとのことだが、実行委員会の禁止措置が選手に守られるよう監視など対応をお願いした。

●富士山ではトレイル率(コースのうち未舗装の歩道が占める%)が現在 69%で、国際基準は 80%との説明があった。湿潤で火山が多い日本の環境特質を考えた場合、トレイル率は低いほど自然環境に配慮した持続可能な大会であり、そうした日本基準を世界に発信して欲しいとお願いした。
富士山を冠する大規模な大会だ。特に富士山という場の特質も考えて欲しい。富士山は世界文化遺産に登録され世界に保全を約束している。私達が調査区間としている黒塚、須山口登山歩道は、世界文化遺産の効果的な保全を目的として資産の周辺に設定した緩衝地帯や自主的な管理に務める保全区域に設定されている。構成要素、構成資産に登録されている区間の須山口登山道と深い関わりがある場所だ。

●今回の説明で、主催者の調査箇所の増加、モニタリングの継続やレース実施ルールの厳格化など主催者の対応に変化がみられた事は、今まで継続し続けてきた私達の調査活動が、主催者や環境省をはじめとする関係者に一定の理解をいただいたと言えるかもしれない。
今後共、主催者が適切な環境モニタリングを継続され、その結果に対応する順応的管理がより実効的なものになるよう、引き続き活動していきたい。
 
 
  
②富士山エコレンジャー連絡会からの要望と対話を通じて思ったこと
 
●過去 4 回のウルトラトレイル・マウントフジに対して、富士山エコレンジャー連絡会からは、提案や要望を続けている。2013 年、2014 年は調査報告書での提案、2015 年は、初めての意見交換会での要望書、合同現地調査での環境アセスに基づくお願いをしてきた。

そして今回、昨年のレース前後から、2 月、5 月、7 月の追加調査に基づいた2016年開催に対する要望書を説明した。実行委員会から、すぐに検討、対応するといった反応はなかった。

●現場の実情を知っている方は少ないと思われるので、富士山エコレンジャーが昨年調査した 215 箇所のレース実施前、実施後、1 ヶ月後、10 ヶ月後(主催者土留め対策後)の比較写真と、昨年は利用されなかったが 2014 年まで 3 回連続利用され、著しく荒廃した箇所の比較写真を回覧し見てもらった。

●地域振興はとても重要な事だ。自然環境の保全と継続可能な利用が地域振興につながってほしい。だからこそ、レースによって激変した登山道や周辺の自然をしっかり調査し、適切なコース選定や実施時期の検討、適切な保全管理をして欲しい。

●須山口登山歩道は、その自然や文化、歴史に親しみ、大切にしたいと思っている一般来訪者も利用している。大規模レースのコース継続利用で、急速に荒廃がすすむ様子を見ると、公共の登山歩道では、そうした他者への影響も配慮いただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

活動報告 2016-09 植生保全環境調査(レース実施当日)

活動日時  2016年(平成28年)9月24日(土)13:00 - 18:00 
活動区域  須山口弁当場→黒塚→大調整池北→須山口弁当場
天候     雨
参考     山頂(13時) 気温 1.4゜C、湿度100%、650.0hPa



2016
(UTMF/STYコース【赤線】と調査区間)
 
 
 
 レース実施当日、ランナー最後尾通過をスイパー・スタッフに確認してから、2016年ウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)調査区間(上図、区間⑦~区間⑥)、別荘地東側の鉄塔下(標高1,100m)から黒塚中腹(同1,193m)、フジバラ平(同1,155m)を経て大調整池北(同1,230m)までの歩道を歩き、レース直後の様子を観察し、ビデオと写真で記録した。
 
 9月になって、台風16号や秋雨が続き、9月22日の事前調査時も雨、23日にも降雨があり、24日のレース当日も朝からかなりの雨が降り、12時のSTYスタート直前には雷鳴がとどろき、ランナーの調査区間通過時には、大雨だった。
 
 調査区間⑥の涸れ沢が増水したため通過できなくなり、数百人のランナーがこどもの国へ戻った。私達はフジバラ平で戻るランナーを待ったため、黒塚周辺の区間⑦から区間④までの記録は、帰りのランナーが通過していないときの状態。




ウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)2016植生保全環境調査(実施当日)


 全調査区間に渡り、歩道路面の破壊、歩道拡幅、植生損傷など歩道や歩道周辺環境の荒廃が顕著。また、崩壊崖下の狭い歩道の危険箇所(調査区間⑤)で多数のランナーがスリップした。涸れ沢を使った須山口登山歩道で、急激な増水によってランナーが流され、助けられたと主催者が報告している。昨年来の私達の調査や意見交換会での討議、提案がほとんど活かされていない。
 
 
 
調査区間⑦(別荘地東の鉄塔から、黒塚の上りにかかる鉄塔まで)
 
 
Imgp4209
(区間⑦ ランナー最後尾通過時、豪雨)
 
 
Imgp4211
(区間⑦ 多量の雨で歩道は水が流れている)
 
 
Imgp4212
(区間⑦ 歩きにくいため踏み跡が拡大)
 
 
Imgp4213
(区間⑦ 歩道のエグレ、雨粒が大きく白線で写るほど)
 
 
 
調査区間③(黒塚鉄塔から、放射谷群南端まで上り斜面)
  
 
Imgp4216
(区間③ 階段の丸太流出)
 
 
Imgp4222
(区間③ 階段の丸太流出)
 
 
Imgp4220
(区間③ 表層が崩壊。樹木の根露出損傷)
 
 
Imgp4218
(区間③ 表層が流出し。樹木の根が露出損傷)



調査区間④(放射谷群南端からフジバラ平まで主として下り斜面)

 
Imgp4228
(区間④ 根の露出損傷)
 
 
Imgp4229
(区間④ 階段の丸太流出)
 
 
Imgp4230
(区間④ 泥濘状況)
 
 
03
(区間④ 緩傾斜部の拡幅、植生損傷)



調査区間⑤(フジバラ平から崩壊崖の狭い歩道まで)

 
 
Imgp4242
(区間⑤ 歩道表層の破壊、泥濘)
 
 
Imgp4243
(区間⑤ 泥濘状況)
 
 
06
(区間⑤ 泥濘、歩道拡幅と植生損傷)
 
 
Imgp4246
(区間⑤ 丸太階段脇の通過)



実施前(2016/9/22)と実施直後(2016/9/24)との比較


Imgp4086
(2016/9/22 フジバラ平貯水池の増水状況)
 
Imgp4238
(2016/9/24 フジバラ平貯水池の増水状況)
 

 
Imgp4051
(2016/9/22 区間③ 昨年の主催者調査地点)
 
Imgp4051n
(2016/924 同地点)
 
 

Imgp4070
(2016/9/22 区間④昨年は根の踏みつけ損傷)
 
Imgp4070n
(2016/9/25 逆方向から 今年も根の踏みつけ

 
 
Imgp4074
(2016/9/22 区間④ 下り斜面の丸太階段)
 
Imgp4236
(2016/9/24 同地点 丸太移動)
 

 
Imgp4077
(2016/9/22 区間④ 継続調査地点)
 
Imgp4077n
(2016/9/24 同地点)
 
 

Imgp4081
(2016/9/22 区間④フジバラ平 継続調査地点)
 
Imgp4081n
(2016/9/24 同地点)
 
 

Imgp4091
(2016/9/22 区間⑤ 継続調査地点)
 
Imgp4091n
(2016/9/24 同地点)
 
 

Imgp4098
(2016/9/22 区間⑤ 継続調査地点)
 
Imgp4098n
(2016/9/24 同地点)
 
 
 

 崩壊が進む崖(落差20m以上)上の狭い歩道にある危険箇所。私達の報告書(2015年版報告書21頁)や合同現地調査で、主催者と登山歩道保存会に来訪者の安全確保のため対応を再三、お願いしている。今回もレース中に、40件を超えるスリップや歩道からの飛び出しが記録された。


Imgp4101
(2016/9/22 区間⑤ 継続調査地点)
 
Imgp4101n
(2016/9/24 同地点) 
 
 
Slip03l
(2016/9/24 同地点 崖側へ飛び出し)
 
 
 
 涸れ沢(土石流危険渓流)を使った須山口登山歩道(調査区間⑥)で、急激な増水の様子が、ランナーによって記録され公開されている。「【トレイルラン】2016 STYに参戦して危うく溺れ死ぬところでした。【UTMF/STY】」 https://www.youtube.com/watch?v=otM8a_MPkoQ による。(貴重な映像で参照させてもらいました)
 
 
(2016/9/22事前調査時の 区間⑥ 涸れ沢内の須山口登山歩道と比べて下さい。

Karesawa01
 
Karesawa02
 
Karesawa03
 
Karesawa04
 
 

 同じ公開映像には、富士市こどもの国でのSTYレースのスタートの様子が記録されている。雷雨の中、富士山南麓4市町の首長の号砲によってスタートした。各市町には、毎回、私達の調査報告は提出し、大規模トレイルラン・レースによる歩道や歩道周辺の環境への悪影響を報告している。昨年、今年と意見交換会や説明会、合同現地調査で荒廃の実態を説明しているが、首長には届いていないようだ。さらに、今回の状況で、首長がスタートの合図をしたということは、「降り続く雨によって南麓の側火山地帯の歩道がどういう状態になっているか」きちんと伝わっていないからと思われる。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »