« 約2,000人の連続踏圧の影響 | トップページ | 活動報告 13-05 ここは国立公園 »

2013年5月29日 (水)

活動報告 13-04 2,000人の連続踏圧の凄まじさ

活動日時  2013年(平成25年)5月25日(土)8:00 - 17:00 
活動区域  須山口登山道標高1,090m地点・水が塚駐車場・須山口登山道1.5合・同下山歩道1.5合・幕岩上(往復)
天候     曇/晴れ 水ヶ塚 気温13゜C(8時)
参考     山頂 気温 -0.6゜C、湿度60%、647.4hPa(8時)
        河口湖上空4km NNW 8m/s(8時)
 
 
 
P1030237
雪がだいぶ融けてきた。


P1030224
水が塚西側の駐車場は工事中。
 
P1030608
 
 
新緑の季節
P1030611
森の入口。新緑や野の花、野鳥のサエズリに癒される。
 

P1030240
 
 
P1030637
 
 
P1030488
 
 
P1030394
 
 
P1030659
 
 
Imgp1542
 
 

野鳥のサエズリ



崩壊地
気持ちのよい初夏の森。富士山南麓。だが、崩れていく場所もある。
降水量が多く、傾斜があるところは土砂流失、崩壊が続いている。
増加したニホンジカの影響もあるらしい。さらに....
 
P1030380
須山口登山道脇の涸れ沢。また、崩落が進んだ。
 
P1030605
涸れ沢に下りてみると、奥まで深くエグレている。
 
 

 
 

2,000人規模の連続踏圧の影響
生き物調査のセンサーカメラに2,000人を上回るランナーが記録されていた。
 
Img_0223
沢山のランナーが登山道脇の木を掴みながら登っていく。
 
Img_2601
夜中も木を掴みながら通過していく。
 

掴まれ、根を踏まれた木はどうなる。
201304231530
トレイルラン大会前

201304281530
トレイルラン大会直後



2,000人の連続踏圧の凄まじさ。記憶にとどめておきたい。


P1020626
水源地近くの配管脇の登山道は昨年通行できた。
 

P1030254
2,000人の連続踏圧で崩落し通れなくなった(対岸を迂回し植生を損傷している)。


世界文化遺産候補、「須山口登山道・御胎内」区間。複線化が始まっていた登山道は2,000人の連続踏圧で明瞭な踏跡になった。放置すれば、さらに複線化が進み、裸地化していく。 
20130423c5
トレイルラン大会前
 
20130428c5
トレイルラン大会後
 
 
過度の連続踏圧の影響で樹木の根が浮き上がってきた。
20130423c3
トレイルラン大会前
 
20130428c3
トレイルラン大会後

|

« 約2,000人の連続踏圧の影響 | トップページ | 活動報告 13-05 ここは国立公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119363/57484825

この記事へのトラックバック一覧です: 活動報告 13-04 2,000人の連続踏圧の凄まじさ:

« 約2,000人の連続踏圧の影響 | トップページ | 活動報告 13-05 ここは国立公園 »